YouTubeで人生を変える

YouTubeで人生を変える

YouTubeで成功を手にするための基本的な考え方から成功に最も必要な 継続力を身に着ける方法についてまとめています。

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

もし今までの動画を見て頂いて、
YouTubeで成功すると決意した方に
一番初めにやって頂きたいことは
環境を変えるという事です。

 

環境を変える第一歩として
まずは作業する場所
変えて頂きたいです。

 

例えば机の上に
スマートフォンや
タブレット、本、
漫画、ゲーム・・・
これらのものが適当に
置いてあったら
どうでしょうか?

 

よっぽど意思の
強い人でなければ
そこに目がいって
しまうはずです。

 

そして手を伸ばして
しまったが最後、
もう集中することは
叶わないでしょう。

 

私の場合、YouTubeで
動画作成を習慣化する
までは暇さえあれば
テレビを付けてしまうという
無意識の行動があったため、
思い切って、自分がYouTube動画作成を
する部屋からテレビをなくしました。

 

自分でも信じられませんが、
今では自分からテレビの電源を
付けてテレビ見るという
無意識の行動がまったくなりました

 

もうひとつ大きく環境を
変えた点としては、YouTubeで既に
成功している方に指導をいただくために
コンサル契約を結んだことです。

 

ほとんどの人が自分ひとりの
力に頼って成功を手に入れようとしますが、
どんな成功者でも
自分一人の力で成功を手に入れた人は
誰もいません。

 

私自身、YouTubeで月収10万円を
達成するまでに色々な問題がありましたが、
その都度、コンサルタントの方と
2人3脚で問題を解決していった事で
結果的に成功にたどり着くことができました。

 

はっきりと言える事は
もし一人で行動をし続けていたら
間違いなく挫折していたと思います。

 

当然、私のようにコンサルタント契約を
結んだりするような環境を変える行動は
お金がかかりますが、個人的には自分への
投資と考えるようにしています。

 

株やFXをやったことがある方なら
分かると思いますが、基本的には
投資で儲かるか儲からないかは
外の環境に大きく左右されます。

 

当然ですが、景気が良くなれば
株価があがり利益が出ますが、
景気が悪くなれば、大きな損益と
なってしまいます。

 

それに対して自己投資は、
自分の脳に投資するということで
自分の体が健康でさえあり続ければ
いつでも、どこでも利益を出していけます。

 

多くの成功者はこの事が
体感覚として理解できているので
自己投資についてはまったく
躊躇がありません。

 

私自身もYouTubeで月収10万円を
達成出来たとはいえ、次なる目標に
向かって自己投資をし、環境を変え始めています。

 

この動画をご覧頂いているみなさんも
是非、環境を変える事から始めてみて下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
続きを読む≫ 2018/06/13 06:33:13

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

継続は力なりを実践していくためには、
自分が決めたことを毎日、確実に実行していく
必要があります。

 

行動の量と質を上げていくには、毎日、その行動を
繰り返すことによって、その行動に慣れて、
呼吸するかのようにできるような状態に
なっているのが理想です。

 

まさに習慣化です。

 

つまり毎日、同じタイミングで
必ず実行することを決める
ルーティーンワーク
重要ということです。

 

私の場合は毎朝4時に起きて
シャワーを浴び、会社に行く準備や子供たちを起こす7時までの
間にYouTube動画を作成する事を毎日実施してきました。

 

これらの行動は、毎日、同じタイミング、
同じペースでこなしています。

 

そうすると、どんどん、その生活に慣れていくんです。
脳は、今自分が一番よくやることに最適化するように
できているからです。

 

これは、毎日実践するのが肝です。
3日おきとか、不規則にやっていても絶対にしんどいです。
1日だけやって、間隔が空いてしまうと脳が慣れないんです。

 

ルーティーンというのは、誤解を恐れずにいうなら
「楽をするために」毎日やるということです。

 

ここで重要なポイントが「今の自分から考えて、
ちょっと頑張る必要がある」ことを継続させる必要があります。

 

例えば、今まで朝8時に起きていた人が、いきなり朝4時に
起きて作業を初めても、必ず挫折します。

 

徐々に徐々に自分の限界を上げていって、最初は
7時起きから慣れてきたら6時起きという風に
「ちょっとだけ頑張る」というのを広げていくと
挫折する可能性は低くなります。

 

 

■継続の邪魔になった要因を排除する
自分が決めたルーティーンワークをスタートすると
必ず何かしらの要因で、自分が決めた作業が
出来ないこともあります。

 

そんなときは自分を責めたり、落ち込んだりする
必要は全くありません。
逆にそんなことをしてしまうとモチベーションも
下がってしまい悪循環になります。

 

できなかった時は、それができなかった
原因が必ずあります。

 

それが何なのか?対策はどうすればいいのかを
考える方が次につながります。

 

例えば私の場合であれば、一番はじめは
会社から帰ってきて、ご飯を食べ、
食器を洗い、シャワーを浴びてから
YouTube動画を作成することを
ルーティーンとしていたんですが、
残業等で帰りの時間が不規則であるのと
仕事終わりのクタクタになった状態での
作業にまったく集中できませんでした。

 

色々考えた末、夜はやる事を
やったらスパッと寝て朝の頭がスッキリした
状態で作業をすることを決めた結果、
今の習慣化の域に達することができました。

 

もし、これからYouTubeで成功したいと
思う方は、どんな事が起きても、必ず毎日毎日
同じペースで作業ができる方法を
見つけていって下さい。

 

それが継続させるためのコツになります。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
続きを読む≫ 2018/06/13 06:31:13

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

■「継続は力なり」の先にある理想の未来をイメージする

 

継続は力なりを実践していくためには、
そもそもなぜ、その行動を継続させるのかという
目的が必要になります。

 

行動を継続させた上で、実現したい理想の
未来がなければ、なかなか続けることは
できません。

 

これが行動を続けるという何よりの
エネルギーになります。

 

これをまず、最初に決めておく必要があります。

 

目標設定をした人なら分かると思いますが、
あの目標設定をした後って、なぜかやる気が
湧いてきますよね。 

 

あれが、理想の未来をイメージした力なんです。

 

自分が描いた理想の
未来のイメージが、今の自分の現実と
かけ離れていればいるほど、そのエネルギーの力は
大きくなります。

 

よくコーチングの世界では理想と現実を
輪ゴムに例えますが、輪ゴムの端と端をつかんで
めい一杯伸ばした状態です。

 

例えば、YouTubeで「月収10万を達成するぞ」と
いう人よりもさらにその先にある、「YouTubeコンサルで
月収100万を達成するぞ」と決意した人の方が
行動の源になるエネルギー量は大きくなります。

 

先ほどの輪ゴムに置き換えると理想がより高い
ところにあるので、その理想に現実が引き寄せられていく
ような感じです。

 

これからYouTubeで稼いでいこうと思われる方は
まずは、自分の理想の姿、理想の状態を明確に
イメージすることをおススメします。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
続きを読む≫ 2018/06/13 06:29:13

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

結果が出るかどうかと言うのは、
環境と自分の行動によって決まります。

 

環境というのは、自分が絶対に
コントロールすることができない
領域のものです。

 

例えば、あなたが会社員で
YouTubeで成功しようと
日々コツコツと行動を重ねていても
急に会社業務が忙しくなるとかです。

 

どこまで自分の行動量と質を
高めていっても、コントロール
できない領域があるからこそ
結果が出るかどうかは完璧に
コントロールすることはできません。

 

でも、行動の質と量を高めていくことで
結果を出す確率を高める事はできます。

 

継続型がなぜ結果が安定して出やすい
かというと、その自分でコントロールする
ことができる行動の質と量が安定しているからなんです。

 

一方で、気分型の行動は不安定というか
自分の行動の質と量もコントロールすることが
できないので、当然結果がでません。

 

特に気分型には大きな特徴があって
「結果にコミットする」という
意識を持っている場合が多いんです。

 

私は「結果にコミットする」というのは
行動の質と量を下げる最悪の思考法だと
思っています。
というのも、結果がでるかどうかというのは
究極的にはコントロールすることができないからです。

 

そんな不安定なものにコミットすれば、
自然と心は乱され、行動なんて
継続もできなければ安定もしません。

 

実際にYouTubeを始める人が
「結果にコミットする」という
気分型の人の場合、どういう思考に
陥るのかと言うと、
「動画再生数」や「チャネル登録者数」に
コミットするようになります。

 

これはYouTubeに限ったことではないですが
今まで経験したことがないものに
取り組もうとするとき、大抵の場合、
結果なんて出ません。

 

YouTubeの場合、それが顕著に出ます。

 

最初はどれだけ頑張って動画を作成しても
ほとんどその動画が見られることはなく
最悪「動画再生数0」の場合もあります。

 

ここで「結果にコミット」している人は
「これだけ頑張ってるのに結果がでない・・・
あの人はあんなに結果が出ているのに」と
なって1ケ月、2ケ月、半年と時間が
経てばたつほど完全にモチベーションが
下がって最終的にはYouTube動画作成が
完全に止まってしまいます

 

逆にうまくいっている人のパターンは
とにかく「過程にコミット」します。

 

つまり「質の高い動画」を作成することに
集中するということです。

 

「動画再生数」や「チャネル登録者数」は
無視し、他人の動画が再生数がどれだけ
伸びていても完全に無視で
とにかく環境全ては無視します。

 

とりあえず、正しいやり方で、
動画作成ができていればOKとする。

 

それだとモチベーションなんて
下がらないようになります。

 

毎日毎日
「動画が作成できた」→「よくやった!」→
「動画が作成できた」→「よくやった!」→
「動画が作成できた」→「よくやった!」

 

気付いたら200動画を超え、動画再生数や
チャンネル登録者数が知らぬ間に
集まっていたという風になります。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
続きを読む≫ 2018/06/13 06:28:13

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

「継続は力なり」
どんな人も一度は耳にした事が名言ですよね。

 

でもこの言葉の意味を体感覚として
理解できる人は100人中1人ぐらいなんです。

 

そしてこの言葉を体感覚として
理解できている方は必ず、その道で成功しています。

 

今回は17歳で世界一のプロゲーマーとなった
梅原大吾さんから継続することの大切さを
ご紹介します。

 

彼は10歳からゲームを初めて、
15歳でストリートファイターという
格闘ゲームで国内大会で優勝し、
17歳で世界一となりました。

 

 

彼が世界一になれたのは、才能が
あったからなのでしょうか?
それとも元々センスが
あったからなのでしょうか?

 

実は才能があったからでも
センスがあったからでも
ないんです。

 

その証拠に彼は10歳、11歳、12歳の頃は
たくさん負けてきました。
もし本当に才能やセンスがあるなら
このころから勝ち続けることができたはずです。

 

また格闘ゲームの世界では
反射神経が重要と言われており、
そのピークは22歳、23歳と
言われていますが、彼は30歳近くに
なってもまだ世界で勝ち続けることが
できています。

 

 

なぜ彼が勝ち続けることができるのかというと
「無理をせず、背伸びをせず、毎日毎日、
自分にできる範囲の精一杯を繰り返していく」
という正しい努力を継続させることが
できたからなんです。

 

 

そんな彼が一躍有名になった
格闘ゲームの試合があります。

 

 

それが「背水の逆転劇」と
呼ばれている試合です。

 

2004年の夏、カリフォルニアで
世界大会にして最高峰のゲームの祭典
「Evolution 2004」が開催されました。

 

この世界格闘ゲーム大会は9部門に
分かれていて、そのうちのひとつの
「Street Fighter Strike」に
梅原さんは参加しました。

 

その大会の準決勝、アメリカ最強と
言われるジャスティン・ウォンが
彼の相手でした。

 

互いに1ラウンドずつ取って、
迎えた第一試合の第3ラウンド、
体力を表すライフゲージは1ドットで
一発でも攻撃をうければKOという
シーンで、まさに絶体絶命の
状況だったんですが、あり得ない
神業で相手の必殺技を完璧に
防ぎ切り、逆に必殺技を決めて
逆転勝ちをしてしまいます。

 

 

この劇的な勝ち方は
話題を呼びYouTubeでは
2000万回以上再生される
動画となりました。

 

梅原さんはこんな事を
言っていました。

 

『何も考えずに、自分のセンスと
運だけを頼りに歩いてきた人間と
対峙すると、相手の動きがチャラチャラと
軽く見える。性根が定まっていないこと
さらには緻密な分析に基づいた
動きではないことにすぐに気がつく』

 

彼は、実際に自分よりゲームの才能や
センスがある人を何人も見てきましたが
彼らと対峙しても負ける気がしないと
言っています。

 

私はYouTubeに限らず、何か物事に
取り組む時のパターンって2つあると
思っています。

 

1つは気分型でもう一つは継続型です。

 

気分型というのは、いわゆる
「気分が乗った時だけ努力して、
成果を求めていく」というやり方で
気分が乗っている時はガンガン
進めて行って、気分が乗らない時は
全くやらないというやり方です。

 

一方の継続型は、その日がどんな
日であろうが、基本的に「一定のペースで
一定の数をこなし、その過程を楽しんでいく」
というやり方です。

 

100人いたら、99人以上は
「気分型」です。
「継続型」は1人いるかいないか
で、何か短期決戦で結果を出すというのであれば
気分型でも継続型でも結果は出せると
思います。

 

しかし、「安心して結果を出し続ける」
ということにおいては
気分型は、継続型に絶対にかないません。

 

継続型になるためには「自分が決めた行動」を
確実に「実行し続ける」必要があります。

 

 

その行動というのは、もちろん自分が
叶えたいとおもっている夢や目標に
繋がるものなので、それに対する
技術が毎日少しずつ向上していくというのも
ありますが、何よりも心が鍛えられて
行動の質と行動の量がどんどん向上していきます。

 

 

なぜかというと、毎日少しずつでも継続させる
ことによって、「今まで大変だと思っていた」ことが
「呼吸するかのように当たり前な」ことに
なっていくからです。

 

 

これは自分の意志で、ちょっと頑張る必要がある
物事を何か1つでもいいから継続したことがないと
分からない感覚だとおもいます。

 

 

みなさんも是非、この継続型の身に着け
YouTubeで成功を手に入れましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
続きを読む≫ 2018/06/13 06:25:13

まずはこちらをご覧ください。

 

 

突然ですが、ノウハウコレクターという
言葉をご存知でしょうか?

 

ノウハウコレクターというのは
ネットビジネスで使われる用語で
情報商材や書籍を
通して多くの知識を
持っているものの、
思うような収益が
あがっていない状況を指します。

 

 

情報を得ることで
満足してしまい、
実際に行動しないことが原因で、
ノウハウコレクターに
なってしまうケースが
多いようです。

 

 

ノウハウコレクターは、
完璧主義の人が
陥りやすいといわれます。

 

 

得た情報に対して
完璧に理解していないと
実践に移せないため、
常に新しい知識を探します。

 

 

自分に自信がないことも、
悩みのひとつとして
あげられます。

 

 

他のビジネス実行者と
比較して劣っていると考えて、
アウトプットをためらいます。

 

不安心理を和らげるために
勤勉に学習しますが、
成果につなげることができません。

 

 

いつまでも学習だけを
繰り返し、頭でっかちに
なっていきます。

 

 

継続力がない人も、
ノウハウコレクターに
なりやすい傾向があります。

 

 

少しの努力でできる
楽な方法でお金を
得たいと考えるあまり、
次々に新しい情報へと
アクセスします。

 

 

世の中には
「初心者なら○○がおすすめ」
「○○こそ最強のツール」
「○○するだけで月30万」など、
誘惑がたくさんあります。

 

 

新しい情報を次から次へと
集めるだけで、
何もものにならない事例です。

 

 

実は私も恥ずかしながら
以前はノウハウコレクターでした。

 

 

しかし、あるメンターと出会い
その方からのコーチングによって
ノウハウコレクターから
抜け出す事ができました。

 

 

その方から教わった内容というのは
「知っている」「できる」「やっている」
という言葉の違いを理解することで
人生が変わるということです。

 

 

まずは、「知っている」ですが、
これは知識として何かを
「知っている」ということです。

 

 

本で読んだのかもしれないし、
人から聞いたのかもしれません。

 

情報としての知識が
脳の中に貯蔵されている、
という状態です。

 

次に、「できる」ですが、
知識として「知ってる」状態から
一歩進み、やろうと
思ったらそれをすることができる
というものです。

 

そして、「やっている」
これは、知っているし、
やろうと思えばできる、
ということからさらに進み、
常日頃からそれをやっている

 

つまり実践している状態です。

 

私がメンターから
言われ続けたのはこうです。

 

私たちは、いろんなことを
知識として「知って」いるし、
やろうと思えば
「できる」かもしれない。

 

でも、私たちの人生を
変えるのは、
「やっている」ことだけだ。

 

確かにそうなんですよねぇ。

 

早起きの仕方を知っている、
ダイエット方法を知っている、
何かのトレーニング方法も
やろうと思えばできる。

 

でも、それだけでは人生
は何も変わらないのです。

 

継続的にやっている、
実践していることだけが
人生を具体的に変えて
いくことができるのです。

 

年を重ねていくにつれ、
知っていること、
できることは増えていきます。

 

「あ、それ知っているよ」とか
「そんなのやろうと
思えばできるよ」と
いったものがたくさん出てきます。
でも、それだけでは具体的な
変化は何も生まれません。

 

知っていること、
できることは
数少なかったとしても、
そのことを「やっている」人は、
自分の人生を実際に
豊かにしていくことができるのです。

 

ここで「やっている」状態に
するコツの一つを紹介しましょう。

 

「テキトーにやる」、です。

 

 

対人恐怖症、視線・脇見恐怖、
社交不安などの方に
多く共通するといわれているのが、
カンペキ主義的なものの考え方。

 

できるだけよい状態を
目指そうというよりも、
ほんのちょっとした
「失敗」すら恐れるという
意味でのカンペキ主義、
だといわれています。

 

カンペキ主義に
はまりこんでしまうと、
「うまくいかない可能性が
あるくらいなら
最初からやらない」とか
「すぐに結果が
でないからもうやめた」
「1回サボってしまった…。
ダメな自分。
もうどうにでもなれ」
などとなりかねません。

 

こういった考え方って、
症状が治るものも
治らなくなちゃいますよね。

 

なので、「テキトー」に
取り組んでみましょう。

 

すぐにカンペキな結果を
出そうとせず、ぼちぼちと
マイペースにやり続けてみてください。

 

そうすることで、
人生に変化が現れてくるはずです。

 

 

そして、私が実際に色々な
ネットビジネスをかじってきて
思ったのは、YouTubeが難しくなく
日々、たんたんと継続して
作業をすることができました。

 

 

これからYouTubeビジネスに
挑戦しようと思う方は
まずは、あせらず「テキトー」に
実践していきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
続きを読む≫ 2018/06/13 06:23:13

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

多くの人はその日のうちに
何をやるかをスケジュール表に
まとめるという事はやったことが
あると思います。

 

 

しかし、一日の時間の
使い方を記録したことのある人は
100人中1人くらいしかいません。

 

 

なぜ一日の時間の使い方を
記録する必要があるかというと
YouTubeで成功するために
まずは現状を把握する必要が
あるからです。

 

 

以前の動画で人の行動の
実に9割が無意識による
行動で、その無意識の行動を
変えていくことが、すなわち
成功につながるという
お話をさせて頂きましたが、
一日の時間の使い方を
記録することで、現在の
無意識の行動が、自分の
成功につながる行動なのかどうかを
はっきりとさせる事ができます。

 

 

人の感覚というのは非常に
あいまいで、例えばある人が
日々の隙間時間にスマホで
何気なくインターネットで
ニュースをみている場合、
本人からすれば、
「あまり多くの時間を費やしている」
とは感じていません。

 

 

しかし、実際にその時間を
合計していくと一日に
数時間も費やしていることが
わかるのです。

 

 

この数時間を自身の成功のために
費やすことができれば
それだけ成功に早くたどり着けると
いう事になります。

 

 

それは成功というが
どれだけそこに時間とエネルギーを
投資できたかに比例するためです。

 

 

時間の使い方を記録する時の
ポイントですが、
まず一つ目が一週間分の
記録をとるという事です。

 

人の無意識の行動パターンというは
それほど変わらないため、一週間分
取れれば十分です。

 

 

二つ目はほんの些細な行動
例えば電車の待ち時間、
人と待ち合わせの時の
待ち時間などのスマホチェック等に
ついても詳細に記録することを
おススメします。

 

 

先ほどもご説明しましたが
自分では大した時間を
使ってないと思うような
行動でも合計すると
とんでもない時間を
費やしていたという事に
気付けるはずです。

 

 

YouTubeで成功するための
第一歩、人生を変えるための
第一歩として、まずは
現状の時間の使い方を
正確に把握して、
その時間の使い方が
自身の成功につながるので
あれば継続していき、
もし、自身の成功にまったく
つながらないのであれば
思い切って行動を
変えていきましょう。

 

 

そうすれば一歩ずつ確実に
成功に近づいていきます。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
続きを読む≫ 2018/06/13 06:20:13

まずはこちらをご覧ください。

 

 

多くの人が新しい事を始める時に
今の行動パターンを変えずに、
「新しい事を足していこう」
という考え方をしてしまいます。

 

 

しかし、私たちに与えられている
時間は有限であるため、もし
現在の時間の使い方で余裕時間が
なければ、
「時間がないから今はできない!」
という発想になってしまいます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

そういう人は、
「時間ができたら、始めよう」
という風に考えますが、
なかなか空き時間が出来ずに
結局新しい行動を起こせない
まま終わってしまうという
ケースが多いです。

 

 

ここで大事な事として
「余裕時間を生み出すのは
自分自身である」という事です。

 

 

余裕時間というのは人から
与えられるモノではないので
自らが意図的に余裕時間を
作り出していく必要があります。

 

 

余裕時間を作り出すには
一日の中で
「やらない事を増やしていく」
という事です。

 

 

もし仮にあなたが会社員で
毎週金曜日の会社終わりに
同僚と飲み行くのが定例と
なっているのであれば
自らの成功のために、その
行動パターンを断つ
必要があります。

 

 

YouTubeでの成功者に限らず
すべての成功者は才能が
あったから成功した訳では
なく、成功するために
どれだけ時間を投資してきたか
になるんです。

 

 

言い換えると、どれだけ
やらない事を増やしてきたか
という事です。

 

 

一般の人が、テレビや新聞、
インターネット、同僚や友人との
飲み会で時間を潰している
一方で、成功者をそれらの事を
捨てて、ただただ自分が叶えたい
夢や目標に向かって時間を
投資しています。

 

 

まさにここが成功できる人と
成功できない人の決定的な
違いになるんです。

 

 

次回は、やらない事を増やしていく
第一歩として、一日の時間の
使い方を記録するという
方法をご紹介します。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

続きを読む≫ 2018/06/13 06:08:13

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

■最も価値の高い資源とは何か?

 

あなたが目標を達成していく上で最も価値の高い
資源はなんだと思いますか?

 

 

一つ目は時間なんです。
当たり前のことですが、全ての人にとって
一日は24時間であり、1年は365日です。

 

 

そしてもう一つは脳の情報処理能力です。
こちらもほとんどの人が1日
約300キロカロリーと言われています。

 

 

時間や脳の情報処理能力といった
有限で価値の高い資源が
全ての人に共通に与えられているにも
関わらず、成功する人と成功しない人が
いるという事は、時間や脳の情報処理能力を
何に投資しているかが違うことになるんです。

 

 

■価値観の序列で人生が変わる

 

全ての人には価値観の序列というものがあります。

 

色々な考え方はありますが、基本的には価値観は大きく分けると

 

・お金
・仕事(自身のキャリア)
・美容(健康)
・知識(教養)
・家族関係、
・交友関係
・精神性(スピリチュアル)

 

の7つに分類されます

 

 

■YouTubeで成功するために

 

仮に今のあなたの価値観の優先順位が

 

1位が仕事、2位が家族関係、3位が交友関係

 

だった場合、もしYouTubeで成功したいので
あれば、価値観の優先順位を

 

1位がお金、2位が仕事、3位が家族関係

 

に変えていく必要があります。

 

 

過去の人生の中で、このお金に対する
教育を受けてきた人はほとんどいないと思います。

 

 

しかし、金銭的な面で成功を手にするためには
このお金に対する本質的な意味を理解する必要が
あります。

 

 

多くの人が
お金を増やす=働いて稼ぐという考え方だと思いますが、
私自身、YouTubeで稼げるようになって
お金を増やすことに対する考え方が180度変わってきました。

 

 

もしあなたが現在、金銭的な面で
不足感を感じているのであれば、
それは価値観の優先順位にお金が
入っていないからなんです。

 

 

意識的に価値観の優先順を変え、
人生を変えていきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
続きを読む≫ 2018/06/13 05:33:13

まずはこちらをご覧ください。

 

 

一般的な成功へのプロセスという事で

 

何を成功とするかは人それぞれだと
思いますが何を成功と定義しても
辿る過程はすべて同じになります。

 

 

それは、目標を設定し、その目標に向けて
実際に行動を起こし、その行動を継続することです。

 

 

当たり前のようですが、実はこれが
できる人は100人中5人くらいしかいないんです。

 

なぜそれが出来ないかというと
人が論理ではなく、感情で動く生き物だからなんです。

 

 

例えばある人がダイエットをするという
目標を設定し、「3ケ月間で10kgやせるぞ」と
決意したとします。

 

 

そして、その痩せる方法として、毎日の食べる量を
減らして、毎日1時間以上走ることにします。

 

 

最初の数日間は気合や根性といった精神力で
続くかもしれませんが、なかなか成果が表れないと
このままやり続けていて本当にダイエットに成功する
のか?という不安がよぎってきます。

 

 

ここで多くの人は精神力が続かず、人間が本来持っている
本能に負けて「少しくらいなら食べてもいいか」
「今日くらい走るのを止めてもいいか」といった
甘い誘惑に負けてしまい行動が止まってしまう事で
結果的にゴールにたどり着く事なく終わってしまうんです。

 

 

逆に言えば、行動を起こした後、淡々とその行動を
繰り返し行う事ができれば、どんな人でも100%
成功を手に入れることができるということです。

 

 

ちなみにメジャーリーグで活躍しているイチロー選手が
こんな事を言っていました。

 

「夢や目標を達成するには、ひとつしか方法がない。
小さなことを積み重ねる」

 

イチロー選手といえば、野球人生を子供の頃から
ずっと継続していますよね。

 

まさしく「継続は力なり」を語るにふさわしい
成功例の王道と言えます。

 

 

では、実際に継続させていくためにはどうしたらいいのか?

 

 

実は継続させるためには、スキルがあります。

 

それは、「習慣化」のスキルです。

 

実は私たちの人生は「習慣」といっても過言ではないんです。

 

どういうことかと言うと人生というのは私たちが生れてから
死ぬまでの時間ですよね。

 

そうした時に私たちの人生である時間の実に9割が
無意識、つまり習慣による行動なんです。

 

 

言い方を変えるとその行動ににはっきりとした理由や目的がなく
なんとなくの行動です。

 

 

なので「習慣」を極める事が人生を極めることで、
習慣化のスキルを身に付ければ、たとえどれだけ時間が
かかろうとも自分が描いた目標を確実に達成できるという事なんです。

 

 

そして実際に習慣化に成功するためには、3つのポイントがあります。

 

 

一つ目は、一度に大きく変え過ぎない事です。

 

 

習慣化に失敗する人の典型的なパターンが、
高い行動目標を立ててしまうケースです。

 

 

例えばダイエットや資格試験の勉強など、
明確な目標があるときにやってしまいがちなのが、
「毎日2時間ウォーキングをするぞ!」とか
「毎日2時間、資格試験の勉強をするぞ!」
といった具合です。

 

 

根本的に人間の脳というのは、急激な変化を嫌う、
安定化志向という性質があります。

 

 

なので「一度に大きく変わろう」とすると、
自己防衛本能が働いて、「変化=危険」と
捉えてしまうからです。

 

 

つまり、一気に変えようとすると、
本能的に拒否されてしまうのです。

 

 

脳は、安定化志向がある一方で、
ちょっとだけは変われるという
可塑性(かそせい)という性質も
備えています。

 

 

習慣化するには、
一気に変えるのではなく、
少しずつ変えていくことが
ポイントなのです。

 

 

そして二つ目は、
何でも自力でやろうとしない事です。

 

 

習慣化するにはもちろん、
自分自身で行動するしかありません。

 

 

しかし、
行動しやすくするためには、
他者の協力を仰いだり、
一緒にやったり、
仕組み化していくことが
モチベーションからの
脱却に有効です。

 

 

行動できるのであれば、
「自力で」という部分に
こだわる必要はありませんよね。

 

 

具体的に言えば、
「TOEIC800点を目指す!」
という目標に、一人で
黙々と向かうのか、
誰かと一緒に目標に
向かうのかということです。

 

 

仲間や応援者がいれば
励みにもなり、
自然と行動につながります。

 

 

ですから、
習慣化するために、
目標を周囲に宣言するなど、
自力だけに頼らない
仕組みを作ってみましょう。

 

 

「周りに伝えるのは、
できるようになってから・・・」
という人がいます。

 

 

そういう人は、
できるようになるまでは
自分の中で留めておこうとします。

 

 

でも、誰にも言わなければ、
自分だけで得られる情報で、
自分だけで頑張って
いくことになります。

 

 

一方誰かに伝えれば、
応援者やライバルができて、
その人を通じて有益な
情報も入ってくる
ことになるのです。

 

 

ライバルや応援者がいた方が、
より早く、より大きな目標に
到達することができると
思いませんか?

 

 

また、宣言してしまった手前、
自分に対しての責任感も
生じますから、
行動せざるを得なくなります。

 

 

習慣化するには、
どんどん周りを巻き込んで、
使えるものは使っていきましょう。

 

 

3つ目は「短期的な成果を求めすぎない」
という事です。

 

 

明確な目標を立て、
それに向かって行動していても、
なかなか成果が上がらない。

 

 

成果が上がらないから、
モチベーションが
どんどん下がって、
結局は行動をやめてしまう・・・

 

 

そういう人は、短期的な
成果を求めすぎるという
傾向があります

 

 

短期的な成果よりも、
大切なことがあります。

 

 

それは、行動の習慣化の先にある、
目標を達成したあなたが
手にする状態です。

 

 

ここが不明確であったり、
忘れてしまったりすると、
短期的な成果がどうしても
欲しくなってしまうのです。

 

 

ダイエットで-8kgの
目標を掲げているのであれば、
その状態を思い描いてください。

 

 

できるだけ、具体的に、
明確に描いてみましょう。

 

 

スタイルが格段に良くなり、
今より魅力的なあの服を
着ることができて、
自分にも自信が持てて
周囲の人々も「せんぼう」の
まなざしで見つめている。

 

 

プレゼンスが高まるので
仕事も上手くいって、
恋愛も・・・と、
ダイエット-8kgの目標が
達成されれば、こんなにも
多くのメリットを
得ることができます。

 

 

そんな目標に向かっての
行動を取り始めたばかりなのに、
2kg減らないからといって、
「やっぱり私には
無理だったんだ・・・」と思って、
モチベーションが下がり、
やめてしまう人がいます。

 

 

成果が出ないのは、
行動が足りていないのでは
ありません。

 

 

目標の妥当性が
分かっていなかっただけです。

 

 

行動さえ継続していれば、
目標には近づいて
行っているハズです。

 

 

その事実を認識して、
行動をやめるのではなく、
目標を見直す方向に
動きましょう。

 

 

一度習慣にすれば、
将来にわたって長く
行動し続けることが
できるようになります。

 

 

1ヶ月や2ヶ月ぐらいの
行動で成果が出ないからと
言ってやめてしまうのは、
もったいないことです。

 

 

最後に私自身がこの習慣化の
スキルを身に着け、
YouTubeで月収17万を達成できた
事例をご紹介します。

 

 

私はソフトウェアの開発に
携わる会社員ですが、4歳と1歳の
子供がいる2児のパパですが、
ある時YouTubeで成功している
方と出会い、2017年4月から
毎日コツコツとYoutube動画作成
を継続してきた結果、2018年2月に
月収17万円を達成することができました。

 

 

今でも毎月10万以上の収益を確保できています。

 

 

その結果、以前はお金を使うことに消極的だったんですが、
今でも家族や自分の為に喜んでお金を使える
ようになりました。

 

 

みなさんも習慣化のスキルを身に着け
人生を変えていきましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
続きを読む≫ 2018/06/13 05:11:13

ホーム プロフィール メルマガ お問い合わせ