理想の一日を送るための方法とは?

理想の一日を送るための方法とは?

C:\ACES WEB\SIRIUS\images

理想の一日を送るための方法とは?

 

前提条件として、私たちに起こる全ての出来事と
いうのは、プラスとマイナスが均等です。

例えば

 

あなたがリストラにあってしまったとする。
普通の人であれば、このリストラという出来事に対して
ネガティブな感情が湧き上がってくると思います。

 

しかし

 

見方を変えれば、独立起業して成功するチャンスとも言えます。

 

要は、

 

ある出来事というのは、全てが中立であるの対して、
私たちが、これはプラスだ、これはマイナスだという解釈を
しているだけに過ぎないんです。

 

この前提条件のもとで、どのようにしたら理想の一日を送る
事が出来るのか?

 

まずは、最悪の一日から。

 

例えば

 

朝起きた後、何気なくテレビを観ていたらネガティブな
ニュースが入ってきたとします。

 

さらに電車に乗ろうとしたら電車が遅れていて、会社に遅刻して
しまった時に「今日はツイていない日だなぁ」と感じるでしょう。

 

そのネガティブな物の見方を日中繰り返していく事で、当然ストレス
が大きくなっていきます。

 

その結果、

 

会社が終わった後は、ストレス解消という事で、お酒を飲んだり、
たくさん食べ過ぎてしまいます。

 

つまり、

 

生産性がなく、将来にはまったく生きない時間、もしくは自分の心身
にとってマイナスとなる時間の使い方になってしまうんです。

 

こうなってしまうと、次の朝目覚めた時に心身の疲れがまったく取れず
また、ネガティブな感情のまま一日がスタートするという負の連鎖に
なってしまいます。

 

これに対して、理想の一日とは?

 

まずは起床した後に、自分にとってポジティブな情報を積極的に
取り入れる。

 

そして

 

日中は、常にポジティブな物の見方をする意識を持ちましょう。

 

先ほどの最悪の一日と比較した場合、同じ一日の作業であったとしても
その作業に対する解釈の仕方が違うだけで、その日中の作業がストレス
だけになるのか? 自分にとっての挑戦になるのか?が大きく分かれてきます。

 

ポジティブな物の見方によって、日中を過ごすことで、会社が終わった後
の達成感、充実感を感じれるようになるでしょう。。

 

さらに

 

寝るまでの時間を心身リフレッシュの時間に充てる事で、次の日目覚めた
時の爽快感が、最悪の一日送っている時に比べて180度変わってきます。

 

理想の一日に近づけるポイント

 

それは、

 

前日の夜寝る前に、必ず心身をリラックスする時間を確保できている
にかかってくるんです。

 

おススメなのは、

 

前日の夜寝る30分〜1時間前に、軽いストレッチや瞑想です。

 

これをやるのとやらないのでは、次の日の目覚めた時の心の状態が全然
違ってきます。

 

そして、心身ともにリフレッシュされた状態で目覚めた後は、自分が
紙に書いた夢を見たり、自分が理想する将来をイメージできるような映像や
画像を見たりすることで、一日の物事に対する見方がポジティブになります。

 

そして習慣化していく事で、毎日、毎日が理想の一日となり、あなたの人生
がどんどん素晴らしい方向に向かっていきます。


ホーム プロフィール メルマガ お問い合わせ