お金持ちになるお金の使い方とは?【大富豪のユダヤ人から学ぶお金の使い方】

お金持ちになるお金の使い方とは?【大富豪のユダヤ人から学ぶお金の使い方】

C:\ACES WEB\SIRIUS\images

お金持ちとそうでない人の決定的な違いは、

 

「お金の使い方」

 

にあります。

 

例えば、月に20万円の収入があり、15万円は
家賃や光熱費、食費等の支出があるとします。

 

そして、

 

残った5万円の余裕資金をどのように使うかに
よって次の3パターンに分かれます。

 

一つ目のパターンは、消費です。

 

消費というのは、読んで字のごとく、消えてなくなる
お金です。

 

簡単に言うと、その場限りの満足で消えてなくなってしまう
お金の使い方です。

 

例えば

 

居酒屋に行って、1時間、2時間は、確かに楽しい時間を
過ごすことができます。

 

しかし

 

このお金の使い方は、後々の自分に帰ってくるお金の使い方
ではなくて、その場限りに消えてなくなってしまうお金の
使い方です。

 

つまり

 

消費というのは、ある瞬間だけが、もっとも価値が高く、後は
価値が下がっていきます。

 

車を購入するというのは、消費か、そうでないかというと、
これも消費になります。

 

なぜか?

 

それは、車というのは、購入した直後が最も価値が高いが、
使っていくうちにその価値はどんどんと下がっていくから。

 

同じように家を購入するというのも、同じように消費になります。

 

 

二つ目のパターンは、貯金です。

 

お金を貯めるというのは、立派な考え方ではありますが、
決して、その人をお金持ちにはしません。

 

例えば

 

毎月5万円を貯金していった場合、1年で60万円、10年で600万円になる。

 

確かに600万円あれば、お金持ちになったと思う人もいますが、
10年という貴重な時間に対してみた時に、600万という金額は、少ないと
考えざるおえない。

 

 

三つ目のパターンは、投資です。

 

多くの人は、投資と言うと、株を買ったり、FXをやるとか、バイナリーオプション
に手を出すと言ったイメージを持つかもしれません。

 

しかし

 

実際には、投資と言うのはもっと意味が深く、投資の中でもっとも自分に大きな
リターンをもたらすものが、実は自己投資です。

 

自分自身の体や脳に対して投資をしてあげる事が、将来の自分に対してもっとも
大きな費用対効果をもたらし、あなたをお金持ちに導いてくれる最高のお金の
使い方になります。

 

世界でもっとも優秀な民族と言えば、ヨーロッパの財閥であるロスチャイルド家
などのユダヤ民族になります。

 

彼らは過去の歴史の中で多くの迫害を受けながらも、約5000年間ずっと生き延びて
きた民族であり、世界各地に多くのお金持ちが散らばっています。

 

ユダヤの人達がお金持ちなれる理由は、お金を教育と言う形で投資しているから。

 

なぜユダヤの人達は教育にお金を投資していたのか?

 

彼らは世界を転々としながら、自分たちの国というのを持たない(持てない)民族
であったため、その土地でしか使う事ができないお金を持ち続けることに対して
価値を置いていなかったのです。

 

そして、

 

唯一絶対消えてなくなることがなく、いつでも、どこへでも持ち運べる
ことができる、自分達の脳に対してお金を使う事がもっとも価値が高いと考えて
いたからなんです。

 

私たち日本人は、ユダヤの人達とは状況が違いますが、この考え方はまったく
同じです。

 

この変化の速い時代に、今後何が起きてもおかしくない状況の中で、唯一頼りに
なるのが、自分の体と脳になります。

 

まずは、今後あなたがお金を使うタイミングにおいて、これは消費なのか?
もしくは、これは投資なのか? ということを自問自答してみることを
おススメします。


ホーム プロフィール メルマガ お問い合わせ