相手との信頼関係を壊してしまう以外なこととは?

相手との信頼関係を壊してしまう以外なこととは?

C:\ACES WEB\SIRIUS\images

全ての人は、自分自身に並々ならぬ関心を持っています。

 

例えば

 

地球の裏で、大地震があって、多くの人が災害にあったと
いうニュースよりも、朝起きて少し頭が痛いという方が、
本人にとっても100万倍以上、重要なニュースなんです。

 

自分自身に関心を持っているということは、自分自身の名前に、
とても強い関心があるということでもあります。

 

私たちは、新聞、雑誌、チラシ、ニュースレターなどから、
日々、たくさんの情報を取っています。

 

そのうちの99%以上のものは捨てていると思います。

 

しかし

 

その中でも取っておくものもあります。

 

それは、

 

自分の名前が掲載されているものです。

 

私たちの命には、限りがあります。
どれだけ、今後医療が発達したとしても、永遠に生きられることは
ありません。

 

しかし、名前というのは、永遠に残り得るものです。

 

イエス、ムハンマド、釈迦、、、

 

数千年の時を超えても、人々は、これらの名前を記憶しています。

 

だからこそ

 

人は、自分の名前を出そうとします。
また、残そうとします。

 

他人が思う100万倍以上、自分にとって、自分の名前というのは、
重要だと思っています。

 

もし、人間関係をダメにしたいというのあれば、
簡単な方法は、相手の名前を間違うことです。

 

言い間違い、

 

書き間違い、

 

漢字間違い、

 

これらは、間違った方にとっては、些細なことでも、
間違われた方にとっては重大事です。

 

一気に人間関係が冷めてしまいます。

 

逆に、

 

もし、相手と人間関係を始めていきたい場合は、
まず、相手の名前をしっかりと正確に覚えていくことがとても重要です。

 

「お名前は?」
「どのような漢字を書かれるのですか?」
「お名前には、何か由来があるのですか?」

 

自分の名前を覚えてもらうのも、相手の名前を覚えるのも
何かと関連付けていくのが、一つのコツです。

 

相手に関心を持つというのは、相手の名前に関心を持つという
ことでもあります。

 

親は子供の名前を、慎重に、慎重に付けます。

 

字画を調べたり、
音の響きを考えたり、
意味を加えたり、

 

親は、愛するわが子の名前を一生懸命考えて、たった一つに決めます。

 

つまり、

 

どんな人の名前にも、想いや愛情がたくさん詰まっているということです。
どんなお名前も大事にされてしかるべき価値があるという事なんです。

 

だから

 

相手の名前に興味、関心を持つことがとても大切です。

 

一人ずつ、一人ずつ、正確に覚えていく。

 

そして、

 

自分自身を高めるという点から言えば、自分の名前に恥じない
生き方をしていく、ということが、とても大切です。


ホーム プロフィール メルマガ お問い合わせ