人間関係は〇〇を知るための絶好のチャンス

人間関係は〇〇を知るための絶好のチャンス

C:\ACES WEB\SIRIUS\images

「人間関係は難しい、めんどくさい」という観方をする人と

「人間関係は重要だ、チャンスだ」という観方をする人とでは人生が
180度違ってきます。

そもそもこの考え方は何から生まれるかと言いますと
あなたが持っている「観念」から生まれています。

 

「観念」は何かを考える時の大元になるものです。

 

人間関係は人脈を広げていけるチャンスであることは当然ですが
それ以上に自分自信を知るためのチャンスでもあるんです。

 

ほとんどの人は自分のことをわかっているつもりでも実は本当の自分のうち、5%くらいしかわかっていません。
残りの95%は自分でもよくわかっていないんです。

 

この眠っている95%の自分を知ることができるチャンスが人間関係にあります。

 

勉強や読書では決して知ることができません。

 

なぜかと言うと

 

勉強や読書をどれだけやろうとも、そこまで激しい喜怒哀楽をあなたに
もたらさないからです。

 

例えば

 

あなたが本を読んでいて我を忘れるくらい怒ったり、泣いてしまったり
することがありますか?

 

それほどの怒りや悲しみが出てくるのは人間関係でしかあり得ません。

 

あなたが激しい喜怒哀楽の感情を感じることと、眠っている95%
の自分を知ることがどう結びつくのか?

 

感情が爆発しているときは、自分でも制御することができませんが、
少し経ってから冷静になって

 

「あの時、どうしてあんなに怒ってしまったんだろうか」とか

 

「あの時、どうしてあんなに悲しかったんだろうか」という事を
考えると、その感情が湧き出してきた源に辿り着くことができます。

 

それが、勉強や読書では決して辿り着くことができなかった、残り95%
の無意識の自分なんです。

 

この感情が湧き出してきた源が「観念」です。
逆に言えば、「観念」がない人は絶対に感情が湧き出してくることはありません。

 

人間関係において、何かがあなたの「観念」に触れたことで感情が爆発しただけなんです。

 

人間関係で怒りや悲しみが出てきた時に絶対にやってはマズいのが、その矛先を
相手に向けてしまうことです。

 

これをしてしまうと折角の自分自信を知るチャンスが無駄になってしまいます。

 

とは言っても人間は感情の生き物なので、それはあくまでもキレイ事であり
感情が爆発している時は、どうしても相手に対しての怒りに矛先が向いてしまうの
は当たり前。

 

重要なことは、しばらくして感情のエネルギーが弱くなってきた時にその時の
感情の出どころについて振り返る時間を設けることです。

 

つまり

 

「人間関係はめんどくさい、難しい」と捉えるのではなく、
「人間関係は本当の自分を知るためのチャンスなんだ」と捉える方向に切り替えて
いくことであなたは人間として大きく成長していけます。


ホーム プロフィール メルマガ お問い合わせ