自信をつける意外な方法とは【最速で感じ方が変わる】

自信をつける意外な方法とは【最速で感じ方が変わる】

C:\ACES WEB\SIRIUS\images

自信をつけるには、信念を変革することが最も理想的であります。

信念というのは、あなたが行動を起こす大元中の大元となる考え方。

 

しかし

 

信念の変革には最も多くの時間を必要とします。
一般的に信念を変革するために必要となる時間というのは、
自分の年齢の半分と言われています。

 

例えば

 

あなたが現在30歳であったとすれば、15年後にはあなたは今までとは
別人になることができ、心の感じ方がまったく違っているはずです。

 

あなたがもし他人の言動に対してすぐにイライラしてしまうのであれば、
15年後のあなたは他人がどういう言動を取ろうがまったくイライラを
感じなくなっているでしょう。

 

ただ、逆に言えば15年間はあなたの心の感じ方が変わらないということになります。
あなたはこの15年もの間、信念を変革するために努力を続けられるでしょうか?

 

偉人でもない限りまず不可能だと思います。

 

途中で目に見える成果や結果がなければ挫折してしまうのは当たり前の事です。

 

つまり

 

信念を変革しようとして心に働きかける努力をしていても、その事に対して
は大いに価値がありますが、まず続きません。

 

だから

 

信念・心の変革に力を入れるよりも体の変革に力を注いだ方が、その途中
での成果や結果が目に見えるので確実にうまくいくと実感しています。

 

体と心は一体なので体が変わっていけば心も必ず変わっていきます。

 

目に見える体を変えていく事が、明らかに自信をつける最速の方法なんです。

 

そもそも自信がないと感じる時はどういう時かと言いますと
誰かと比較をしている時です。

 

あの人と比較すると自分のここが劣っていると感じれば途端に自信がなくってしまいます。

 

最近は中性的な男性が増えていますが、男性がどんなに頑張っても女性が本来持っている
気遣い、優しさには到底勝てません。

 

そうではなくて

 

男性だったら男性としての強みを伸ばしていく方が、確実に自信が持てます。

 

例えば

 

男性らしい体を作るために筋トレを毎日欠かさずに行う。

 

よく筋肉ばかり鍛えている人はナルシストが多いと言われますが、自分は
ナルシストであることが、自分に対して自信を持てている証だと思います。

 

自分も昔は常に他人と比較し、自分はどこか劣っていると感じながら生きていたので
自分の取る行動の一つ一つに自信が持つことができていませんでした。

 

しかし

 

唯一筋力だけは人より少しだけあったので、それを徹底的に強めていこうと決心しました。
日本でもアメリカでも週に2、3回はジムに行き体を鍛えていました。

 

最初のうちはジムに行くのが面倒だなぁと感じていましたが、3ケ月くらいたったころから
ジムに行かないと逆に落ち着かない感じになっていました。

 

それと同時に自分に対しての自信も付いてきて、だんだんと心のあり方、
感じ方も変わってきている自分がいました。

 

今までだったらイライラするようなシチュエーションに遭遇しても、ほとんど
心が乱れるような事はなくなったと自覚しています。

 

自信を付けるためには、心への働きかけを長期間続けるよりも、途中での成果が
見える体への働きかけを是非おススメします。


ホーム プロフィール メルマガ お問い合わせ